福岡でインプラントの相談・CT 田中ひできインプラントセンター(福岡市城南区 医療法人S&H 田中ひでき歯))前歯インプラントのご案内

田中ひできインプラントセンター(福岡市城南区・医療法人S&H 田中ひでき歯科)前歯インプラントのご案内

田中ひできインプラントセンターでは、
高度医療の提供による地域の人々の快適で
健康な日常生活を支援する歯科医院を目指しています。

インプラント治療とアンチエイジング治療による美しいスマイルライン

前歯部のインプラントは、通常のインプラント治療と違い、きれいに仕上げるためには、歯槽骨の再生治療、自然に歯が生えているような歯肉の形を作る治療など高度な治療技術を必要とする場合が多くなります。美しいスマイルラインを実現するために、一本一本の歯に拘ります。当医院は、数多くの前歯部インプラント実績と最新の設備の基で安心できる治療を提供いたします。

求められる高い技術と最新の設備

診察室風景前歯におけるインプラントの治療を本当にきれいに仕上げるためには、 高い技術と最新の設備が必要になってきます。
前歯付近は非常に骨も歯 肉も薄いので、歯を喪失した後、急激に骨も歯肉もさらにやせてしまう ため、インプラントを支えるのに必要な量の骨がなかったり、本来必要 な条件の良い歯肉が少ないために通常の歯より長い歯になりやすいのです。
前歯のインプラント治療によって、よりきれいな口元を実現するた めには、最新の設備による正確な診断と歯槽骨や歯肉の再生などの高い技術を必要とするケースが多いためです。

前歯インプラント治療の流れ


CAD/CAM:(コンピューターによるインプラント補綴自動作製器械) 本技工の優れた点として、コンピューターにてより正確でより精密なスキャニング、設計、作製を行うことです。通常よりもプロセスが簡略化されるにも関わらず、素材面の特徴として強高度で生体親和性の高いジルコニアでの製作が可能です。
【メリット】
・診療ステップの短縮
・チェアサイドの短縮
・材料費のコストダウン
・患者さんに合った形の補綴物作成
・より精度の高い補綴物の作成
CAD/CAM:(コンピューターによるインプラント補綴自動作製器械)

当院における最新のレントゲンシステム

デンタルCT撮影システム

被爆量を最大限に抑えた(医科用CTの1/20の被爆量)最新式の3Dグラフィック構築型のCTです。 顎骨内の構造(骨の高さ・厚みや神経管の位置など)を立体的に把握することができますので、インプラント埋入手術にあたり骨再生術などが必要かどうかなどを正確に診断する事が出来ます。 ほぼ正確な治療方法、治療期間、費用などを説明をした上で、治療に入りますので、患者さんにとって安心の出来る治療を提供する事が出来ます。

レントゲンシステム 撮影画像

デジタル断層撮影システム

診断に必要な情報に応じて、最小限の被爆量で適切な情報量を得ることのできるレントゲンシステムを備えています。 トモグラフィーと言われる断層撮影の最大のポイントは、撮影範囲の狭い部位(インプラント一本埋入予定)などの場合は、このレントゲンを利用して骨の状態を3次元的に正確に把握することができます。CT撮影に比べ患者様の負担も軽減できます。

デジタル断層撮影システム画像

デジタルパノラマレントゲン

従来から歯科で活用されている、お口の中全体をみるためのレントゲンシステムです。
当院では、このシステムをデジタル化し、高度なコンピュータソフトを用いることにより、従来のアナログレントゲンの1/10程度のX線照射量に抑えた最も被爆量の少ないレントゲンシステムです。

▲ページトップに戻る