福岡でインプラントの相談・CT 田中ひできインプラントセンター(福岡市城南区田中ひでき歯科医院)のコンセプトのご案内

田中ひできインプラントセンター(福岡市城南区・田中ひでき歯科医院)コンセプト

田中ひできインプラントセンターでは、
高度医療の提供による地域の人々の快適で
健康な日常生活を支援する歯科医院を目指しています。

インプラント治療とアンチエイジング治療による美しいスマイルライン

現在のインプラント治療の普及に伴い、その治療技術とマテリアルの進歩には目を見張るものがあります。田中ひできインプラントセンターでは、噛めるという歯の機能的な回復だけではなく、いかに自然で美しい歯を再現するかを治療目標としています。

そのためには高い技術力、経験、医学知識が必要なことはいうまでもありませんが、あなたの魅力的なスマイルを実現するために、口元をデザインするセンス、歯科技工士との連携、十分なコンサルテーションも重要です。快適な空間で、納得できる治療と満足できる結果、そして安心のサポートシステムの提供を心がけています。

また、田中ひできインプラントセンターでは、安全で信頼できる医療を目指し、最新の機器を導入しています。
特にインプランの診療には、最新の3D画像処理ができるデンタルCTを設置しており、インプラントの被せ物には、体に優しく丈夫なセラッミクシステム(セレック)も設備しております。

これまで培った審美歯科治療とインプラント治療の技術と経験を活かし、あなたらしい素敵なスマイルを実現できるように、スタッフ一同親身になって治療に当たっていきたいと考えております。

田中秀樹

田中秀樹院長サイト監修
田中ひでき歯科 クリニック
院長  田中秀樹

  • スタディーグループTEP主宰
  • スタディーグループ秀志会 顧問
  • 九州インプラント研究会会員
  • 日本顎咬合学会指導医
  • 日本口腔インプラント学会専門医・代議員
  • 日本歯周病学会認定医、専門医
  • 日本審美歯科協会会員
  • 米国インプラント学会アクティブメンバー

著作紹介(2006年以降の審美、インプラント治療に県警するもの)

生体恒常性を考慮に入れたインプラント補綴
生体恒常性を考慮に入れたインプラント補綴
第2報 天然歯への配慮を最重要視した審美インプラント治療─現状への警鐘
TheQuintessence. Vol.27 no.6/2008年6月号June

生体恒常性を考慮に入れたインプラント補綴
生体恒常性を考慮に入れたインプラント補綴
第1報 欠損部位に適したインプラントの形状と埋入方法
TheQuintessence. Vol.27 no.1/2008年1月号January

患者さんが本当の満足を得る治療とは
患者さんが本当の満足を得る治療とは 5
無理をしない Take it easy
補綴臨床 Vol.41 no.1/2008年1月号

臼歯部欠損にオールセラミックブリッジを用いた症例
臼歯部欠損にオールセラミックブリッジを用いた症例
Quintessence of Dental Technology. Vol.32/2007年8月号

インプラント埋入と骨吸収との関係埋入部と埋入時期の2方向から探る
インプラント埋入と骨吸収との関係
埋入部と埋入時期の2方向から探る
TheQuintessence. Vol.25 no.6/2006年6月号June

福岡市城南区 田中ひできインプラントセンターコンセプト動画

ビデオを再生するにはFlash Playerが必要となります。 ご覧頂けない場合は、コチラよりダウンロードしてください。